そばの雑学

そばは縁起物


そばは古くから縁起物として様々な場面で利用されています。

ゲン担ぎとして最もメジャーなのが年越し蕎麦
その起源は様々な説があり、

・細く長く切り分けるその見た目から「長寿祈願」
・もともとそばが切れやすいことから、その年の悪い厄を断ち切る
・金細工師が金粉を集めるためにそば粉を練った物を使っていたため縁起が良い

などなど、
そばの見た目や特長から派生して生まれた説が有力とされています。
また、もともとは大みそかだけでなく、
月の終わり「晦日」ごとに食されていたとされています。

本当の年越しは立春である節分であり、
節分そば本当の年越しそばと呼ばれていたともいわれています。

いずれにしろ、良年を願って食される縁起の良い食べ物として、
長年愛されてきたということは確かなようです。






引っ越しそばは今でも多くの人に認識されている風習の一つです。
近年では、引っ越した先で自身がそばを食べるという習慣に変わりつつあるようですが、
もともとは引っ越し先の近隣の方々に配る、というのが習わしです。
蕎麦とそば(側)の語呂合わせとして「末永くおそばに」の意味合いや、
年越しそばの起源にもあるように、その見た目から「細く長くのお付き合い」など、
新たな地でのご近所への挨拶として、
様々な思いを込めた手土産をさして引っ越しそばと呼んでいます。


これらご紹介した意外にも、
ちょっとしたお祝い事から冠婚葬祭まで、
ゲン担ぎや縁起物として私たちの生活に深く関わっています。
人々の思いから生まれたこれらそばの文化を大切にし、
後世に伝えていってほしいものです。


はじめまして 石黒製麺です
お試しセット
facebook始めました

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時定休

定休日:日曜・祝日
その他:臨時定休

弊社休業日に頂いたご注文は、
翌営業日受付となります。
ご了承ください。

QR

ページトップへ